スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ORASレート2期連続最終2200構築 ポリクチにギャラはどうですかー!?

今期も無事2200にのせることができました。
レートインフレが加速し、皆が2200のせる中自分はなかなかのせることができず焦ってましたが前期同様最終日に到達することができ本当に良かったです。
使用構築は前期に引き続きポリクチです。脱クレセをモットーに構築を組んでみました。



・PT
mawile-mega.gif  gyarados-f.gifporygon2.gif  breloom.gif thundurus-therian.gifgarchomp.gif

前期のPTから3体チェンジかつ型、調整を変えてみました。この並びはギャラドスを除くとポリクチの開祖であるとされる方と全く同じなので、ポリクチの結論パに近いのかもしれません。



[個別紹介]


クチート@メガ石 意地
実数値:157(252)-172(252)-145-*-115-71(4)
技:じゃれつく はたきおとす ふいうち つるぎのまい

選出率2位。
今期から色違いの子を採用です。嫁ポケとしてとにかくがんばってくれましたね。調整はB4振りをS4振りに変えることで少しでもミラーで同速対決に持っていけるようにしました。
技構成はやはりこれ以外考えることができませんでした。全抜きをする、ふいうちでワンチャン残すことを考えると剣の舞は外せません。相手のメガクチートは剣舞じゃれつくでゴリ押せばいいんです...


ギャラドス@ゴツメ 腕白
実数値:201(244)-145-140-(228)-*-120-106(36)
技:たきのぼり こおりのキバ でんじは ちょうはつ

選出率3位。
クレセはすぐ起点にされる。じゃあそれに代わるバシャに強い駒は誰だろうと考えた結果採用した物理受け枠です。主にバシャを見るためなのでポリクチとセットで出すことが多かったです。
調整は無振りクレセ程度を抜けるくらいにS振り、残りHBです。トリルパで電磁波なのはこのギャラを場に出すのがトリル終了後が多かったからで、クチートに抜群な炎地面などを空かした後麻痺させてクチートで上から殴るといったことを主にしていたからです。
ゴツメギャラは弱いといった声を聞くことがあります。そんなわけがない!クチートを使う上では実にサポートとしては優秀ではないでしょうか?
クチクレだと重いガルドやドランやナットやガモスにも比較的強く、とにかく挑発で行動を縛れる。威嚇で後続のポケモンにかかる物理ダメを軽減させることも可能。正直クレセより使いやすいことこの上なしです。


ポリゴン2@輝石 特性ダウンロード 控えめ(めざ炎個体)
実数値:191(244)-*-111(4)-171(248)-116(4)-81(8)
技:トライアタック シャドーボール めざめるパワー炎 トリックルーム

選出率堂々の第1位
クレセをギャラに変えたのでドランへの負担が軽減したこともあり、今回はどちらかというとPT全体で重いハッサムナットに強くなれるめざ炎にしてみました。
このポリ2はトラアタで幾度も相手を凍らせて勝ち筋を作ることも多く、なかなか自覚は高かったです。
相手が格闘、特殊耐久オバケじゃない限りは出し負けになることはほとんどないと思います。
初手で出すことがとにかく多く、高火力モンスターが相手でなければ1発殴ってからのトリルの流れが主流でした。


キノガッサ@襷 意地
実数値:135-193(204)-107(52)-*-80-122(252)
技:マッハパンチ タネマシンガン がんせきふうじ キノコのほうし

選出率6位()。
今までガッサを見るのはゴーグルガルドでした。圧倒的にガルドの方がガッサに対して安定感をもって対処できるというのは変わりませんが、ガルドだと地面が一貫してクチートとの同時選出がしづらい、ガルーラに何もできないことが多い、物理受けカバスイクンで詰みやすくなったと使用してて思ったので今回はキノガッサを採用しました。
火力がとにかく必要だと感じたので性格は意地。
調整は有名強者の方のを丸パクリしてます。陽気ガッサのマッパ高乱数2耐えでミラーに強くなります。
ポリ2と相手のガッサが対面した場合、マッパから入られることはほとんどなかったので胞子読みで後出しすることが結局可能でした。
またガルドでは対処しづらい猫の手レパルダスの処理もこのポケモンですることが多かったです。やっぱりポリクチの胞子対策はガッサですね。


ボルトロス霊@命の珠 臆病(D29のめざ龍個体)
実数値:155(4)-*-90-197(252)-99-168(252)
技:10まんボルト サイコキネシス きあいだま わるだくみ

選出率4位。
シーズン7のときから使いたいと思っていたので厳選しました。
役割は受けル破壊がメイン。悪巧み1回積めばゴリ押し可能になるクチートの特殊版オバケ。
前期のPTのミトムでは見れないバナ、(ラッキー)を見ることができる枠としてこのPTに採用しています。
めざ氷はガブやマンダを抜けない、ランドはチョッキスカーフ襷などで結局撃っても...な場面が多いと思うので珠個体にめざ氷は個人的に不要だと考えてます。(めざ龍個体で困ったのは化身ボルトの使い回しができないくらいです)
どちらかというと10まん撃つよりは気合い玉撃つことの方が多かった気がします。


ガブリアス@鉢巻 意地
実数値:191(60)-200(252)-116(4)-*-127(172)-125(20)
技:げきりん じしん ダブルチョップ ストーンエッジ

選出率5位。
前期と調整を少し変えました。Sは最速バンギ抜きまで落としてます。
最速70族抜きのメリットを大して感じることがなく、Sを削った分をDに回すことにしました。
これによりC252の珠化身ボルトのめざ氷を80%の確率で1耐えして返しの攻撃で葬ることができます。
相手にヘラがいるとほぼ毎回初手ヘラ選出されるのでこのポケモンを初手に出します。
またカバルカイリューの並びにも初手で出して荒らす役割を持たせることが多かったです。
よく後出しでクレセ、カバ、スイクンを後出しされましたが、そういったポケモンは耐えきれずにガブにゴツメダメ2回与えて退場していく光景を何度も見ることができました。
寝言をすることがあまりにもなかったのでトゲキッスに打点をもてるストーンエッジにしてみました。...ただ今シーズン流行った(?)素催眠ゲンガーのことを考えると寝言でもよかったかもしれません。





・選出パターン

・ポリクチギャラ 
これが一番多い選出パターンでした。クチートを選出する上でポリ2初手は安定。バシャを初手に出されたら読まれることも多かったですがギャラ後出し。その後釣り出ししてポリ2展開を作る。トリル下でクチートが1体落とした後はだいたい地面を死に出しされるのでギャラを出して威嚇を入れつつ電磁波などで小展開するといった立ち回りをします。

・ボルトポリクチ
最近のサンダーは穏やかなことも多くポリ2がサンダーで粘られて突破されることを考えるとボルト初手が安定かなあって思います。
他にも相手に地面がいなければ初手ボルトで荒らしてからのポリクチ展開などにもっていくことも可能です。

・ガブギャラボルト
ヘラクレセドラン対抗選出です。初手ヘラを読んでガブ、後出しのクレセを鉢巻逆鱗で狩る、ヘラはギャラで削ってボルトのサイキネ圏内に持っていく、これで勝てます。

・ポリorクチ、ギャラボルト
受けルに対しての選出です。初手はポリ2かクチートを出してとりあえず殴る。隙を見てギャラに交代、相手に挑発電磁波を繰り返してゴツメダメなどで削りつつ挑発して退場。その後霊獣ボルトで悪巧みして全抜きを狙います。


相手の並びでこれはムリって思ったのはクレッフィグライゲンガーです。
選出が定まらない、ガブ出しても一貫する技がない、自傷する。勝った試しがありませんでした。


ORAS環境で2期連続2200越えれたのはやはりポリ2クチートの力が大きいです。この構築以外でも何戦かしましたが2100いく程度止まりばかりでやはり使い慣れてる構築じゃないと自分は勝てないことを実感することができました。
オニゴーリやピクシーなども使ってみましたが結局ポリクチがNO.1なのでしょう。
本当は2300いくまで頑張りたかったのですが、最終日にやっとこさ2200到達してもうそこまでいく気力が残っていませんでした。
次のシーズンこそは2300いくまで最後まで頑張りたいです。


ここまで閲覧していただきありがとうございました。なにかあればコメントかTwitter@vn_pokechinまでお願いします。

最後にPGLより(クリックして拡大してご覧ください)
Screenshot_2015-03-17-17-49-56.png
スポンサーサイト
プロフィール

ぶいえぬ

Author:ぶいえぬ
シングルレート民です、こんにちは 
Twitter:@vn_pokechin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。