スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S11使用構築 ドサイドン入りポリクチ軸

ポリクチブルン

今期使用した構築になります。
復帰後のシングルレートということで原点に立ち返りポリクチ構築を使用しました。
また、対バシャ性能の向上を狙って既に結果を残しているぼとるんさんのブルンクチートも併せてみました。
参考:http://bottle-poke.hatenablog.com/entry/2015/07/14/203000
組んでみて気づきましたが一応KPトップ12のポケモンが1体も入ってません。
(中堅構築を名乗りたい)


[個別紹介]

mawile-mega.gif
クチート@クチートナイト
意地155(236)-172(252)-145-*-115-73(20)
じゃれつく/はたきおとす/不意うち/剣舞

いつものクチートですがSに少し割いてみました。4振りクチートやそれを抜くカバルドンを
抜きます。剣舞できる対面をいかに作れるかが大事になってくることが多かったです。



jellicent.gif
ブルンゲル@オボンのみ
図太い204(228)-58(最低値)-132(236)-105-125-86(44)
波乗り/鬼火/自己再生/トリックルーム

ゴーストタイプということでバシャーモが簡単に膝を打てない状況を作るために採用しました。このポケモンのおかげでポリ2バシャーモ対面で膝が飛んでくることがなく、
ブルンゲル交代読み電気などに対して強気の居座りトライアタックをすることができます。
(危険なので不安な人は素直にブルンゲルに交代しましょう)
熱湯ではなく波乗りなのはヒードランなどに対して少しでも処理速度を速めるためです。
火傷は熱湯の3割に期待するのはやめて8割5分で火傷にできる鬼火に任せています。
サイクルを回していくなかで張ることも多かったのでブルンにもトリックルームを搭載しました。トリル下で自己再生で粘って呪われボディが発動するのを待つことも多かったです。



  porygon2.gif
ポリゴン2@進化の輝石
控えめ191(244)-*-112(12)-170(240)-116(4)-81(8)
トライアタック/シャドーボール/めざめるパワー炎/トリックルーム

困ったら初手に出すことが多いポケモン。ダウンロードはやはり逆境であり、
対面でCが上がることがもうほとんどありませんでした。
チョッキランドロスマンムー、HDファイアローが蔓延する環境では
確かに動かしづらいところもありましたが、
クッション性能やブルンゲルが呼ぶゴースト技受けとしては以前と変わらず
使いやすいと感じました。
めざめるパワーはナットレイハッサムを迅速に処理したく炎にしています。
ヒードランがいたらなるべく選出しないようにします。



serperiora.gif
ジャローダ@気合の襷
臆病151(4)-*-115-126(244)-116(8)-180(248)
リーフストーム/めざめるパワー岩/ミラーコート/蛇にらみ

胞子の一貫を切る、スイクン牽制などのために採用しました。
同時にタイプ相性を無視して突破できることがあるポケモンです。
特殊アタッカーに関してはミラーコートで、交代先として来る
ファイアローウルガモスリザードンYなどに対してはめざめるパワー岩が刺さります。
素の火力がないのでリーフストームを1回した前提での処理になりますが、
態勢さえ整えば全抜きも可能になります。



thundurus-therian.gif
ボルトロス霊獣@命の珠
臆病155(4)-*-90-197(252)-100-168(252)
10まんボルト/サイコキネシス/気合玉/悪巧み

PTの電気枠であり以前から使っている珠霊獣ボルトロス。
幅広い技範囲や受けル処理性能を評価したいポケモンです。
環境に増えた耐久ボルトにも打ち勝つ性能をも持ちます。
ブルンゲルが誘う電気技受けにもなります。
気合玉を毎回当ててくれさえすれば本当に強いのに...



rhyperior.gif
ドサイドン@突撃チョッキ
意地207(132)-187(76)-157(52)-*-106(244)-45(個体値0)
地震/ロックブラスト/メタルバースト/角ドリル

この構築で最も仕事力が高いポケモンです。
低いDをチョッキで補って特殊を受けれるようにしました。
ポリクチが苦手なHDファイアローウルガモスヒードランに強いです。
サンダーボルトロスウルガモスがいた場合は初手に出していくことも多かったです。
このポケモンは割となめられる選出をされることが多く1体で相手のPT壊滅ということが多々あったと思います。地震やロックブラストで少しでも削っているならば、
メタルバーストで跳ね返して処理することも可能です。
耐久型や小さくなるに対してはドリルぶっぱです。
有利対面を作って交代読みドリルをすることもありました。
上記のことを行えれば十分機能はするので火傷が入っても腐りづらいことや
害悪系統にも強いのが僕の中では高評価でした。
調整はH:16n-1、A:11n、D:最大偶数実数値になるまで というように形式的な
調整なのでまだまだ考える余地はあります。
Sはメタルバーストの関係で30族(ヤドラントリトドンなど)に抜かれていればなんでもいいと思います。


基本選出はポリクチ@1で、バシャーモがいるならブルンゲル、
キノガッサがいるならジャローダ、技の通りがよさそうなら霊獣ボルトロス、
特殊が多めならドサイドンみたいな感じで選出してました。
ヘラクロス入りには出し負け事故を防ぐために、なにがいようが初手にクチートを選出します。

最高レートは2176、最終レートは2124と無念の結果となってしまいました。
いいところまではいったのですが最後まで波に乗り切れなかったのが非常に悔しいです。
来期こそは絶対に2200にのせたいと思います!

ここまで閲覧していただきありがとうございました!なにかご意見ご質問があればコメント
あるいはTwitter@vn_pokechinまでお願いします。

最後に最高レート画像
無題
スポンサーサイト
プロフィール

ぶいえぬ

Author:ぶいえぬ
シングルレート民です、こんにちは 
Twitter:@vn_pokechin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。