スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S9 こっそり使ってたリザードン

シーズン9の使用構築シ〇マ運太郎スタンのアローの枠は準確定枠であり、途中リザードンやウルガモスを代わりに入れて潜ることもありました。(ステロで1/2削れる枠)


ウルガモスは文字さざめきめざ地蝶舞@ラムの割とテンプレ型でしたが、リザードンはちいさくなるバトンならではの型でした。


charizard-megax.gif
@メガ石X 意地
175(172)-177(84)-131-*-105-152(252)(メガシンカ後)
ドラゴンクロー/ニトロチャージ/はねやすめ/はらだいこ

フワライドでちいさくなるバトン後、身代わり張った状態ではらだいこして全抜きを狙うロマン型でした。
調整はHPは16n-1の実数値175、無駄に削る必要がないと感じたのでSは準速の152、残りAです。
Sをニトチャで上げれる、はらだいこでAを一気に上げられるということでこのPTに求められる条件を満たしていると判断しPTに組み込んでみました。

合計10戦ほどPTに組み込んで選出回数は4回、そのうちはらだいこできたのは2回、どちらも残飯ヒードランの前ででした。(レート帯は2000くらい)
どちらも腹を叩いたのはいいものの、TODを仕掛けられただドランの身代わりを破壊し続けるだけのむなしい時間を過ごすだけでした。

バトンに依存しすぎた型だったので選出しづらいことも多く、結局最後はアローに戻してしまいましたが、1ターンでAを最大まで上げられる即効性がバンギやガルドやアローとの相違点であることを評価したい、なによりAと回避が最大まで上がったリザXを使ってみたかったというロマンがあったのです...!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶいえぬ

Author:ぶいえぬ
シングルレート民です、こんにちは 
Twitter:@vn_pokechin

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。